東京都杉並区阿佐谷南1-9-2 GOOD 2階・3階

丸の内線:南阿佐ヶ谷駅 徒歩5分/JR阿佐ヶ谷駅:徒歩10分

地図を見る

カンジダ(性カンジダ症)

カンジダというのはカビの一種です。真菌といわれており、水虫も真菌の一種です。
疲れなどでも免疫力が低下したとき、抗生物質を長く使用したときなどになることもあります。

  • 本当に性行為感染症なの?
  • パートナーがカンジダと診断されて・・・

症状

性器カンジダ症は、男女で症状が異なります。

  • 女性の場合
    膣(ちつ)や外陰部のかゆみなどの症状があります。灼熱(しゃくねつ)感やヨーグルト状の白色おりものが増えたりや性交の時に痛みなどがあることもあります。
  • 男性の場合
    症状はほとんどありません。亀頭や包皮の炎症を起こし皮膚の赤み、痛みかゆみなどを生じることもあります。

感染経路(感染する方法・可能性がある場所)

カンジダとはカビの一種ですので、皮膚、口腔内、直腸などの健康な人でも存在する常在(じょうざい)菌です。体力の低下などがきっかけで、膣内や外陰部で増殖して、症状をおこします。性感染症というよりは自己感染が原因のことがほとんどです。

検査

尿検査を提出して尿培養検査を行います。

治療法

男性の場合 患部に抗真菌剤(ニゾラール)のクリームを塗ります。
女性の場合 抗真菌剤の膣錠(膣の中にいれる薬)を使います。その他にも患部に抗真菌剤の軟膏を塗ることもあります。
★カンジダがいても症状がなければ治療しないこともあります。

予防法

性交渉を持つ場合には、性行為の際は、コンドームを使うことです。 疲れがたまるとカンジダ菌が繁殖しやすくなりますから、体調の管理が大切です。
男性の場合、性的接触によって女性から陰茎の皮膚にカンジダが付いても、入浴やシャワーで清潔にしているかぎり感染することはほとんどありません。 むれやすい通気性の悪い下着を避けて、カンジダが増殖しにくい環境をつくり、工夫してみてください。

参考になりましたか?

147
59