東京都杉並区阿佐谷南1-9-2 GOOD 2階・3階

丸の内線:南阿佐ヶ谷駅 徒歩5分/JR阿佐ヶ谷駅:徒歩10分

地図を見る

南池袋診療所について

ごあいさつ

大学病院との強力な結びつきを土台に、
より患者さまに密着した医療を提供する場として・・・

現在我が国で腎臓病のため透析治療を受けている患者さんの数は約31万人と言われ、年々増加の一途を辿ってます。末期腎不全に対する治療法としては、腎臓移植が理想的な治療法と考えられますが、手術件数の面では十分患者さんの要求を満たすことが出来ず、透析療法に頼らざるを得ないのが現状です。

透析療法は患者さんの生活の質を向上させ、社会復帰を促進させるためにあると考えてます。ところで最近の傾向として10年、20年以上の長期透析患者、糖尿病患者、高齢患者の増加に伴い多くの合併症の併発が見られるようになってきています。

この現状を踏まえて、私ども昇陽会では腎臓病専門医療施設として診療レベルの向上を図るのは当然のこととして、さらに患者さんの立場に立ったより良い医療が提供できるようスタッフ一同、日々の努力を重ねてまいります。

院長 伊藤 緑

病院概要

病院名 南池袋診療所
院 長 伊藤 緑(いとう みどり)
開 院 平成6年5月
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-14-11 中町ビル3F
TEL 03-5950-4691
FAX 03-5950-4328
診療内容 血液透析(完全予約制)
診療日 月曜日~土曜日
休診日 日曜日
診療時間 午前:透析  9:00~14:00
午後:透析 16:00~22:00 (土曜日 15:30~21:00)
透析設備 透析装置(25台)/RO水処理装置/透析供給装置/A・B液作製装置